サプリメントに天然と合成があるって知ってましたか? 驚愕の事実!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

毎日の食事では不足しがちな栄養素を何気なく、サプリメントで補給していたのですが、サプリメントにも天然サプリメントと合成サプリメントがあるって知ってましたか?

美肌のためにビタミンCを飲んでいた私。

サプリメントの知識がなかった私が飲んでいたのは、合成ビタミンCでした(;´・ω・)ガックリ

ビタミンCには合成ビタミンと天然ビタミンがあったのです。

サプリメントには、天然サプリメントと合成サプリメントがあります。

例えば、合成ビタミンCは、合成化学物質であって、石油や合成アルコールなどから作られているのです。

私は、この本を見て、サプリメントの真実をしり、怖くなったのです。

『こんなサプリメントでは寿命が縮む‼』著者:南部昭行

化粧品には合成界面活性剤など石油由来の成分で作られている化粧品があることは、知っていたけど・・・サプリメントにもあるという事実を知って、愕然とした私。

まさか自分の購入していたサプリメントが合成のものとは…。

石油由来のサプリメントが体に悪いとまでは言いませんが、その事実を知ってしまうと飲みたいという気持ちになれない…。

合成ビタミンと天然ビタミンの違いとは?

ビタミンC自体は、無味無臭で酸味もなく、色もないのです。

レモンのような黄色くて酸っぱいイメージがありますが、それは企業が作り上げたデマカセなイメージなのです。

天然のビタミンCは、単独で存在しないので、たんぱく質や糖類、脂質、微量のフラボノイドなどの成分が付着しています。

天然ビタミンCは、野菜や果物から抽出したもので、刺梨やアセロラ、グレープフルーツなどから抽出したものがあります。

合成ビタミンCは、「アスコルビン酸」、「L-アスコルビン酸」と記載されています。

合成ビタミンCは、石油や合成アルコールなどから作られています。

石油から作られた合成ビタミンCなら1キロ数十円という原価がとっても安く済むのです。

合成サプリメントには、他にも合成添加物を多く含む場合があります。増粘剤や凝固剤、合成着色料、合成香料などです。

合成サプリメントには、このように合成添加物を多く含む場合があり、発がん性が疑われるものや胃腸に負担がかかるもの、お腹を下してしまうこともあるそうです。

私が飲んでいたビタミンC…「アスコルビン酸」と記載されていますね。合成ビタミンCです。

1瓶でそれなりの値段もしたのに…。

栄養補助食品に頼るより、食事から栄養をしっかり取るべき❣

天然ビタミンCのサプリメントであっても合成添加物が入ってたら意味がない。

信頼できるショップで安全なサプリメントを購入すべきですが、なかなか本物を見つけるって難しいですよね…。

だからこそ、やはりサプリメント(栄養補助食品)に頼るのではなく、毎日の食事をバランス良く、しっかり栄養を取りたいものですね。

(私は、そういう結論にしました。)

サプリメントの購入を検討されている方は、一度、この本を読んでほしい。

サプリメントの成分をチェックして、本物に出会えると良いですね。

(本物の天然サプリメントに出会えたら、このブログにも紹介してくださいね。)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサーリンク