面倒な魚焼きグリルの焦げ付きの掃除は、セスキ炭酸ソーダで付け置きで簡単に綺麗!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

魚焼きグリルを使うたびに洗えば良いのだけど、毎回洗うってちょっと面倒…。(ずぼらな私だけか?!)

焦げ付いた魚焼きグリルの掃除って案外、簡単なんですよ。

今回は、焦げ付いた我が家の魚焼きグリルをセスキ炭酸ソーダで付け置いて綺麗にしてみました。

焦げ付いた魚焼きグリルは、セスキ炭酸ソーダで綺麗に!

我が家の焦げ付いた魚焼きグリルです。ガスコンロを購入したばかりなのですが、時々、魚を焼きますので、早速、焦げ付いてますね(;´・ω・)

焦げ付きって、アルミたわしでこすり落としても思うように落ちませんよね…。

焦げ付いた魚焼きグリルをセスキ炭酸ソーダで付け置き

こちらのセスキ炭酸ソーダを使って、付け置き洗いをしました。
魚焼きグリルにセスキ炭酸ソーダを大さじ1入れて、熱湯を並々っと注いて付け置きしました。

付け置いた時間は、10分程度。

付け置きしている間は、洗濯とか他の家事をしながら待ちました。

スポンジで軽くこするだけで簡単に汚れが落ちる

セスキ炭酸ソーダにしばらく付け置くだけで、焦げ付きが簡単にこすって落ちます。

セスキ炭酸ソーダ水に浸かっていない部分が落ちなかったので、セスキ炭酸ソーダ水を浸したキッチンペーパーで覆いました。

スポンジが入りにくい細かな部分は、汚れが取れきれず、少し残ってしまったところもあります。でも、私はズボラなので気にならない(笑)

付け置き後の状態。綺麗になった?【まとめ】

めちゃくちゃ簡単に落ちました。

アルミたわしで力任せにゴシゴシ落とすより、簡単で綺麗(o^―^o)ニコ

今回は、魚焼きグリル自体にセスキ炭酸ソーダ水を入れて付け置きしましたが、キッチンのシンクに付け置きできる方がグリルや網など丸ごと付け置きできるから良いと感じました。

我が家は、シンクの排水溝の蓋がなく、水を貯めることができないので、このようなやり方をしました。

ご家庭の大掃除のお役に立てれば幸いです(*´﹀`*)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加