鉛筆で真っ黒に汚れた机をあっという間に綺麗にする方法!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

真っ白な机がいつの間にか真っ黒に!

我が家での宴会用やお庭でのバーベキュー用に購入した折り畳みの机。

いつの間にか、子どもたちがリビングで宿題する用の机になってしまいました。

購入した当時は、真っ白でシンプルな折り畳み机だったのですが・・・。

子どもたちが宿題をするために毎日使うので、いつの間にか鉛筆汚れが目立つように・・・。

画像を大きくしたのですが、鉛筆汚れ具合が分かりますか?

(写真が分かりにくくて、すみません。)

↓拡大して写真を撮ると、こんな感じ。

ちょっと白い机なので写真だと分かり辛いですね・・・。

今度は、学習机でチャレンジしてみますね。またその際にも写真を撮ってアップしますね。

鉛筆汚れは酸性の汚れ。アルカリ性の洗剤で落とす!

鉛筆汚れは、酸性の汚れなんです。

だから、アルカリ性の洗剤を使って落とすと、こんな感じで汚れが簡単に綺麗になりますよ。

今回は、台所の液体石鹸とメラニンスポンジを使って落としました。

石鹸で落とした後は、濡れ布巾で泡を綺麗にふき取りました。

2ヵ所ほど油性マジックの汚れがあったので、除光液でふき取り完成~。購入した当初と同じくらい綺麗になりました。

とっても簡単に汚れが落ちたので、正直、ビックリ!!

アルカリ洗剤って、どんなものがあるの?

アルカリ洗剤と一言でいっても、ピンとこない方も多いはず。

私がお勧めするナチュラルなアルカリ洗剤をご紹介しますね。

①石鹸
(商品の品名に「石鹸」と記載されているもので、「合成石鹸」や「複合石鹸」と記載されていないもの。)

固形石鹸や粉石鹸、液体石鹸と種類はありますが、ご自身の使いやすいタイプで良いと思います。

②セスキ炭酸ソーダ、重曹

アルカリ性のphで比べると、「セスキ炭酸ソーダ(pH9.8)>重曹(pH8.2)」とセスキ炭酸ソーダの方がアルカリ度が高いです。

セスキ炭酸ソーダは、洗濯や掃除など全般に使えて、水にも良く溶けて扱いやすいので、お勧めです!

子どもの部屋の掃除の際にぜひ試してみてくださいね。

面白いくらい鉛筆汚れが簡単に綺麗になりますよ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加