二槽式洗濯機 Haier(ハイアール)JW-W120Aが大活躍!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

我が家は、二槽式洗濯機が大活躍!

石鹸生活だと二槽式洗濯機が何かと便利。全自動洗濯機と違って、ちょっと手間が掛かりますが、もう慣れっこ。

私は当たり前のように毎日使っていますが、今や全自動洗濯機やドラム式洗濯機が主流となっていますから、二槽式洗濯機を知らない方もいるんですよね。

二槽式洗濯機を使っている家庭が少ないこともあってか、二槽式洗濯機の口コミがあまりないので、我が家が使っているHaier(ハイアール)JW-W120Aの口コミをしたいと思います。

我が家の二槽式洗濯機Haier(ハイアール)JW-W120Aをご紹介!

我が家の二槽式洗濯機「ハイアール君」

Haier(ハイアール)の二槽式洗濯機の中でも一番大きいサイズで、大きすぎるためか、公式ページを見ると生産終了になっていました。

私は、「大は小を兼ねる」と思って、一番大きいタイプを購入したのですが。

確かに横幅が1メートルもあるので、納屋がないとここまでの大きさは設置が無理ですよね。

我が家は納屋に置いています。

Haier JW-W120Aのサイズ

奥行52セン、横幅92センチ、高さ99センチ

Haier(ハイアール)JW-W120Aの製品情報

二槽式洗濯機ユーザーでもHaier(ハイアール)JW-W120Aの大きさには驚くはず。

無駄にデカいかもしれません。

標準水量が100ℓなので、シーツ2枚やタオルケット、毛布なども洗濯できます。

ただ、洗濯槽の大きさに比べると、脱水槽はやや小さめ。

洗濯槽が12キロなのに対して、脱水槽は7キロ。

シングルの毛布なら洗濯も脱水も可能ですが、それ以上となると洗濯はできても脱水ができない…。

我が家は共働きで、夫婦と小学生2人の4人暮らし。(ちなみに夫は、大人2人分はある体格です。)

毎日の洗濯を1回で済ませたいと考えて、最大級のタイプであるHaier(ハイアール)JW-W120Aを購入しました。

冬場は衣類もかさんだり、ジャンバーなどの上着も洗えるので、自宅クリーニングで済んで助かっています。

Haier(ハイアール)JW-W120Aの評価【口コミ】

Haier(ハイアール)JW-W120Aの使い心地や使ってみて思うことなどメリット、デメリットなどを率直に述べたいと思います。

メリット

・ダブルのシーツが2枚余裕で洗える。脱水も可能。
・最大級に大きいサイズなので、ダウンコートなど冬の上着も洗えること。
・4人家族の洗濯が1回で済むこと。
・自動洗濯機より攪拌力が強く、汚れ落ちが良い。←ここが大好き!
・日立やTOSHIBAなどの日本製のメーカーに比べて、価格が比較的安い。かなり安い。サイズによっては、1万円~数万円の違いがでます。

二槽式洗濯機ならではのメリットとして…

・全自動洗濯機よりも攪拌力が強いため、汚れ落ちが良い。脱水機能も同じくです。
・二槽式洗いで節約が可能。洗濯水やすすぎの水の使いまわしが可能なので、節約にもなる。
・洗濯槽と脱水槽が分かれているので、それぞれ並行して運行が可能。脱水のみでも使えます。
・洗濯、すすぎ、脱水と自分の好みの時間設定が可能。
・2012年からずっと使い続けています。長持ち!
・構造がシンプルなので、解体して掃除ができる。←これ最高!
・構造がシンプルなので、「あれ?故障かな?」と思っても自力で修理が可能。←これ最高!

※今月、洗濯中の攪拌力が急に弱くなってしまって、洗濯中の水がざぶんざぶんと回らないということがありました。裏側を開けて、構造がシンプルなので女の私でも自力で修理ができました。やっぱり二槽式洗濯機が好きと実感!

デメリット

・洗濯中の音がうるさい。騒音大レベル。日本メーカーの製品の方が比較的静かですので、室内設置を検討されている方は、日本メーカーの二槽式洗濯機がお勧め。

※我が家は納屋置きなので気にならないが、室内だとテレビの音が聞こえにくくなりそうな予感。(←今回の修理時に洗濯槽下のネジを締めたら、音が少し静かになりましたが。)

二層式洗濯機ならではのデメリットとして…

・洗濯、すすぎ、脱水と自動ではないので、手間が掛かる。全自動洗濯機に慣れた方には、慣れるまで嫌気がさすかも。我が家は慣れてしまいました。

・洗濯、すすぎ、脱水と自動ではないので、タイムロスがどうしても出てしまうこと。
・洗濯の水も自動で止まらない。「ながら家事」だと忘れてしまうことが何度かありました。

そんな感じでしょうか?

面倒な二槽式洗濯機ですが、デメリット以上にメリットが大きいと私は思っています。

石鹸ユーザーである私は二槽式洗濯機が大好き!

二槽式洗濯機のレビューや口コミがあまりなかったので、今回はあえて記事にしてみました。
二槽式洗濯機に買い替えや追加購入を検討している方のお役に立てば幸いです。

↓現在、12㎏タイプは生産終了となっています。Haierで一番大きいタイプが8㎏。

あわせて読みたい記事

石鹸生活を始めてみませんか?ナチュラルライフを推奨します!
石鹸生活って意外にシンプルで簡単なんです。石鹸が泡あわに泡立った状態で洗濯すると、機械油がベッタリと付着した作業着だって、泥や砂で汚れた練習着やユニフォームだって、スッキリ綺麗に落ちるんですよ。石鹸生活の始め方を説明しています。
セスキ炭酸ソーダで洗濯しています。洗濯での分量など使い方も。
合成洗剤での洗濯方法から抜け出いしたい、ナチュラル生活を目指したいという方にセスキ炭酸ソーダでの洗濯方法(アルカリ洗濯)のご紹介。我が家流の分量や洗濯方法を説明します。
ムートンブーツは、セスキ炭酸ソーダで付け置き洗い!簡単・自宅クリーニング方法
汚れたムートンブーツをセスキ炭酸ソーダで付け置き洗いの方法をご紹介します。簡単に自宅クリーニングできますよ。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加