石鹸生活を始めてみませんか?ナチュラルライフを推奨します!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

石鹸とは?【合成洗剤と石鹸の見分け方】

石鹸は、天然の油脂とアルカリで煮て作られた洗剤です。脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムに分けられます。

合成洗剤とは、洗浄成分に合成界面活性剤を使っている洗剤です。

石鹸と合成洗剤は、商品の品名や成分を見れば、すぐに見分けられるように規定されています。

【合成洗剤の表示】

写真を見て、すぐに分かるように品名に『○○用合成洗剤』と記載されています。

「洗剤」と記載されているのが、合成洗剤です。

【石鹸の表示】

↓こちらは、台所用の液体石鹸の表示です。

↓こちらが、浴用の固形石鹸の表示です。

石鹸だと、このように品名に『○○用石鹸』と記載されています。

ちょっとややこしいのが、品名に「○○用複合石鹸」と記載されている場合。

複合石鹸は、洗浄成分に「石鹸」と「合成界面活性剤」の両方が使われていますので、合成洗剤と判断して良いでしょう。

間違って買わないようにしましょう!

石鹸の種類

石鹸には、『液体石鹸』『粉石鹸』『固形石鹸』があります。

油脂を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で煮たものが「固形石鹸」や「粉石鹸」になり、油脂を水酸化カリウム(苛性カリ)で煮たものが「液体石鹸」になります。

洗濯用に粉石鹸、食器洗いに液体石鹸、体洗いや手洗いには固形石鹸と用途によって使い分ければ良いのです。

あれこれ買う必要がなくてシンプルなのが、石鹸生活の良いところなんです。

石鹸生活の始め方!【洗濯編】

石鹸が洗浄力を発揮するには、一定の濃度が必要となります。

洗濯の回転中に洗濯水が泡立っていることが洗浄力の目安です。

洗濯している最中に泡が消えてしまうことがあるので、そのような場合は液体石鹸を追加するか、溶かした粉石鹸を追加するようにしましょう。再び、洗濯水に泡がよみがえるようにしましょう。

泡だった状態で洗濯すると、作業着に付いた機械油汚れや砂まみれの子どものスポーツ練習着だって、スッキリ綺麗に落ちて本当に気持ちが良いんですよ~。

石鹸洗濯の注意点

たった1点、石鹸洗濯の注意点があります。それは、「石鹸カス」対策です。

石鹸の量が少なかったりすると、石鹸の洗浄力が不十分となり、洗濯水は泡あわの状態にはなりません。

泡立っていない石鹸洗濯水で洗濯をすると、洗濯物がベタベタ、ギトギトな感じになります。

泡立っていない石鹸水で洗濯すると、石けんカスが衣類に付着して再汚染し、衣類の黄ばみや黒ずみ、臭いの原因になります。

「石鹸洗濯だと衣類が黄ばんでしまう」という声があるのは、石鹸洗濯が上手くできていない、石鹸洗濯の仕方が間違っているからなのです。

石鹸カスを発生させないためには?

泡あわの状態で洗濯すれば、石鹸カスで再汚染する心配はありません!

① 粉石鹸を規定量より多めに投入する。

② 洗濯水の泡が少なくなったら、液体石鹸と炭酸塩を追加する。

③ 石鹸洗濯をする前に汚れた衣類は予洗いをしておく。

などの工夫が必要となります。

液体石鹸は、少し割高になりますので、粉石鹸を多めに投入することをお勧めします。(後から石鹸を追加するのも面倒ですし。)

石鹸洗濯でのすすぎは2回が良い!

石鹸洗濯では、すすぎは2回するのがベスト!

石鹸洗濯では、1回目のすすぎは白濁しており、石鹸カスが発生している状態ですすぎを2回することをお勧めします。

ただ、時間のない日は、「すすぎ1回になってしまっても仕方がない!」と割り切りましょう(笑)

また、2回目のすすぎの際にクエン酸をいれると衣類のリンス効果があり、衣類をより柔らかく仕上げることができます。

【クエン酸の目安使用量】

水30Lに小さじ1/3(約1g)程度が目安!

石鹸洗濯にお勧めの粉石鹸は?

石鹸洗濯には、無添加石鹸(純石鹸)よりも『炭酸塩』入りの粉石鹸がお勧めです。

炭酸塩は、ほとんどの粉石鹸に配合されていて、石鹸の洗浄力を高める助剤となっています。

私のお勧めの粉石鹸は、こちらの記事で紹介しています。

>>>関連記事:「石鹸洗濯にお勧めの粉石鹸と使用量。石鹸洗濯は非経済的なのか?」

石鹸洗濯のコツ!粉石鹸の溶かし方にあり!

粉石鹸は冬場の冷水では溶けにくい性質があります。粉石鹸を溶かすには、20℃くらいの温度が必要になります。

暖かい時期なら真水で3~5分くらい撹拌すれば大丈夫です。

冬場の粉石鹸の溶かし込みには、ひと手間が必要になります。

洗濯物を入れる前に洗濯機に低水位のぬるま湯を入れて、粉石鹸を投入して攪拌して溶かす。
⇒ この場合、「ぬるま湯はお風呂のお湯を使う。」「やかんやボイラーで沸かしたお湯を使う。」などご家庭で扱いやすい方法を取りましょう。

洗い桶に粉石鹸とぬるま湯を入れて泡だて器で溶かしたものを洗濯機に投入する。

我が家の溶かし方

我が家は、二層式洗濯機なので、低水位に粉石鹸を投入して、しっかり攪拌して泡あわにしてから、水をいっぱい入れていき、衣類を投入するようにしています。

我が家は、洗濯層の左側にホースが引っ張ってあって、そこからお湯が出せるようにしていますので、冬場はボイラーで沸かしたお湯を足しています。(上の画像参照)

ちなみに、我が家は、石鹸洗濯の頻度が週1回~2週間に1回と少なめなので、石鹸をもったいないと思わずに多めに投入して、洗濯中に洗浄力が落ちないようにしています。

普段は主にセスキ炭酸ソーダで洗濯しています。セスキ炭酸ソーダで洗濯記事も参考にしてください。

粉石鹸の溶かしこみが最初は面倒と思うのですが、慣れてしまえば何とも思いません。

洗濯用合成洗剤から石鹸への切り替え

新品の洗濯機なら必要ありませんが、合成洗剤から石鹸に切り替える場合は、最初に洗濯機の掃除をする必要があります。

合成洗剤で洗濯していた洗濯機は、汚れが付着していたり、洗濯槽内に大量のカビが繁殖しています。

洗濯槽の徹底掃除をしてから石けん生活を始めましょう!

洗濯槽に熱めのお湯(50℃くらい)を高水位まで入れて、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を投入し、溶かし込みます。すぐに溶けるので、数分の攪拌で良いでしょう。

酸素系漂白剤の使用量はお湯10Lあたり100gが目安となります。分量は、洗濯層の汚れ具合で増減しましょう。

そのまま1時間以上放置しておき、時間をおいて攪拌すると、洗濯槽の中に黒カビが大量に浮いてきます。

私は、予定のない休日に家事が終わってから洗濯層の掃除をするようにしています。半日くらいかけて、数回洗濯層を回して汚れをしっかり浮かして取り除いています。

(洗濯層の掃除の写真がないので、また次回の掃除の時に写真を撮りますね。)

石鹸生活を始めたい方の参考になれば幸いです。

この記事については、まだまだ不完全なので、今後も随時更新していきますね。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加